2015年03月04日

コストコのさくらどりもも肉でこんがりパリパリなみそ照り焼きです。




昨日は3月3日ひな祭りでしたが平日なので我が家では何もせず、
でも六○亭の桜餅が1番好きなので1日に早めのひな祭りで六○亭の桜餅を買って食べました。
でも〜値段を抑えるためか?年々桜餅が小さくなっているのが残念ですが・・・(今年は本当に小さかった)

そして3月に入ったとたんに○○まであと何日、という色んなカウントダウンが多いです。
かなり多いので頭の中がごちゃごちゃして見落としそう〜

その日が来る前に色々準備したり、メールしたりとやることが多いんですよね。
ここを覗いてくださる皆さんも3月、4月ってわりと忙しくないですか?
でも忙しいのは春が近付いてる証拠でもあるので体調に気を付けて頑張っていきたいです。


そして相変わらず平日は夫の仕事が遅いために夕食も遅くなる我が家。
しかも私がダイエット中のため(夫は今はダイエットはやってません)
夕食が遅い平日は食べられるものが限られます。魚→肉→魚→肉の順番で野菜はたっぷり。

今週は月曜がコストコの塩サバ焼き(大根おろし添え)だったので昨日はさくらどりもも肉に〜
でも魚焼きグリル料理はもも肉購入後にやり尽くしたのでちょっと違うものをということで

昨日の「ノンストップ」で紹介していた「賛否両論」笠原将弘さんレシピの
鶏もも肉のみそ照り焼きが美味しそうだったので作ってみたら予想どおり美味しかった〜!
鶏もも肉のみそ照り焼き



「賛否両論」笠原将弘さんといえば日本人の90%以上が(笑)美味しいと感じる
鶏肉料理の達人ですが、これがとっても簡単なんです!


今回のレシピは探しても載ってなかったので自分でアップします。

材料(1人分)
鶏もも肉 1/2枚
サラダ油 大さじ1/2

合わせ調味料
酒、みりん、味噌、各大さじ1
醤油 大さじ1/2
砂糖 小さじ1/2

作り方
1 鶏もも肉の余分な脂肪を包丁で取り除く。
(これは冷めると味が落ちるからなのですぐに食べる場合はいらないかも)

2 合わせ調味料の分量を全部混ぜておく。

3 フライパンにサラダ油を中火で熱し、1の鶏肉を皮目を下にして入れる。
フライ返し等で押しつけながら皮がパリッとして火が通るまで焼いてから
裏返してまた火が通るまでこんがり焼く。

4 鶏肉に火が通ったら2の合わせ調味料を回し入れてアルコールを飛ばしながら煮からめると出来上がり。

ただ、昨日使ったさくらどりもも肉はわりと肉厚だったためなかなか火が通りにくくて
予想以上に焼き時間がかかりましたが何度か焼けば慣れると思います。

昨日は焼き上がりに時間がかかってしまい合わせ調味料を煮る時間が少なくて
ちょっとあっさり仕上げになりましたがこのタレかなり美味しいです!

それに鶏もも肉をこんがり焼くので皮がパリパリになって調味料ととっても合います。

実は我が家のヨシダソースが全く減らなくなったのでヨシダソースを使って何か、とも
思いましたがヨシダソースは味が濃くて甘いのでダイエット向きではないし
味が濃いと最初の一口は美味しい!と感じても食べていくうちに飽きるんですよね。

その点、醤油、酒、みりん、砂糖、味噌等を合わせて作る今回の調味料は
全く味が濃くなくて鶏もも肉の旨さも味わえるとっても美味しいレシピなのでオススメです。


ご訪問ありがとうございました。また遊びに来てくださいね♪
ブログランキングならblogram
posted by アナ at 18:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | コストコ、さくらどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック