2015年09月30日

コストコのさくらどりもも肉でたったの8分レンチンで作った激ウマ!鶏チャーシュー丼




本日の日本TV系「ヒルナンデス」で秋のコストコ 家事アドバイザー厳選! いま欲しい商品ベスト10
放映していましたがコストコ好きの皆さんはご覧になりましたか?
コストコについては「ヒルナンデス」がよく紹介してくれますが1番、旬な情報が多い気がします。

今回は家事アドバイザーの矢野きくのさんが出演していて説明もわかりやすくて
チョッピーノスープもポップコーンもベーグルも美味しそうでしたが
ダイエット中の我が家にはどれも無理かな?残念・・・
でもチョッピーノスープは温かそうだし、余ったらリゾットだから食べたいな〜

コストコ好きで毎週通ってダイエット中、ってわりと難しいことかも?
我が家は甘いものをあまり好まないのでまだいいですがそれでも買うものがかなり限られますから、
でもそのおかげで無駄買いしなくて済むのでそれはいいことかな〜


そして今日はまた違うことをご紹介しようかな〜と思っていたのに
またまたお昼にコストコ材料で食べたものが激ウマだったのでそちらをご紹介したくなったものは〜

コストコのさくらどりもも肉で作った鶏チャーシュー丼、これは想像以上に激ウマでした!
鶏チャーシュー丼



さくらどりもも肉で作る鶏チャーシューは以前ご紹介したことがありますが私はどハマりしています。


この鶏チャーシューの良いところはレンチンでたったの約8分で出来るのに
とっても美味しくてビールにもご飯にもぴったり合うので夫にも大好評なところです。

以前もレシピをご紹介しましたがつくれぽがまた増えた人気レシピがこちら
Cpicon 電子レンジで簡単!激ウマ鶏チャーシュー♪ by トイロ*

以前にもご紹介したとおりで大体、このレシピどおりに作ります。

さくらどりもも肉をくるくる巻いてタコ糸で(先日、このためにタコ糸買い足しました)
2箇所縛ってピンクソルトと黒コショウ少々ふりかけてから
皮にプスプス穴をあけてレシピどおりの調味料の中に鶏もも肉を入れます。

コストコのクッキングペーパーを落としぶた代わりに鶏肉に被せてから
耐熱容器にふわっとラップをして

レシピでは500Wで3分ずつ裏返して加熱となってますが
我が家では一度、3分ずつ加熱でちゃんと火が通ってなかったことがあったので
それからは500W4分ずつ加熱するようにしたらちゃんと火が通るようになりました。

多分、さくらどりもも肉の解凍が不十分な時や解凍した直後でまだ冷たい時等で
3分では火が通りにくかったのかもしれません。

加熱直後は熱いので荒熱を取りながら容器に入れたまま時々裏返して
全体に味が馴染むようにして一晩寝かせるほど待てないので数時間で完成させて

食べる時にタレをかけると一晩寝かさなくても十分美味しいです!

昨日作って余った分はそのまま容器に入れてラップしておいて
今日はそのままレンジ600Wで約1分加熱しただけでちょうどいい温かさになりました。

ご飯の上に今日は水菜があったので水菜を少し並べてから
作り置きの酢じょうゆ卵、鶏チャーシュー、庭のアイコを盛りつけて
その上からいりごま、タレをかけてからマヨネーズをちょっとだけかけて食べたら〜

鶏チャーシューのタレとちょっとのマヨネーズが絶妙に合って激ウマでした!

ダイエット中ですからご飯は約130gにしましたが酢じょうゆ卵もあるので
ちょうどいい腹具合ですぐにまた食べたい!作ろう!となってしまうくらい美味しいのでお試しあれ〜


ご訪問ありがとうございました。また遊びに来てくださいね♪
ブログランキングならblogram
posted by アナ at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | コストコ、さくらどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック