2015年11月28日

コストコの豚小間切れ肉でホカホカの豚肉とくずし豆腐ときのこ煮込み




恐れていたことが現実に(やや大げさ?)昨日からのお買い得品のKS有塩バターですが
コストコ札幌大好き主婦ユークスさんの情報によりますと、
札幌倉庫店ではKS有塩バターが昨日のお昼頃で売り切れだったそうです・・・

バター不足の状況でKS有塩バターは美味しくてしかも今回はかなりのお買い得ですから
もしかしたら売り切れそうかな?と予想はしていましたが予想より早かった!

去年あたりの明治北海道バター有塩の場合は入荷したら土曜と日曜に分けて出荷していたのに
今回はそれが無かったようです。せっかくKSバター目当てに行かれた方々は本当に残念でした・・・

我が家には明治北海道バターがわりとあるので今回は見送るつもりでしたが
本日、都合によりコストコへ行けなくなったので明日、激混みが予想されるコストコへ行きます。
我が家が明日購入予定のものはいつでも在庫があるものばかりですが
行ってみないと在庫がわからないものが欲しい方は午前中に行くことをオススメします。混みそう〜


そして今日のご紹介は先週、100g95円ととってもお買い得で購入できたコストコの豚小間切れ肉で〜

温かそうなので作ってみた豚肉とくずし豆腐ときのこ煮込み、温かいだけでなく激ウマでした!
豚肉とくずし豆腐ときのこ煮込み



コストコの豚小間切れ肉が安くて良い部位を購入できたので今週は2回も豚肉レシピ作りました〜


今週、最初に作ったのは大根と豚肉の甘辛こっくり煮でこれも大根がよくしみて夫に感謝されましたが(笑)
せっかく美味しい豚肉があるからまた何か作りたくなったけど
どうも炒め物はあまり食べたくなくて(歳のせい?)いつもの肉豆腐は飽きてきたし〜

豆腐もあるし肉と豆腐を使った美味しいレシピが他に無いかしら?と探したらありました!
しかもコストコの九条ねぎも大活躍するレシピでこちらを参考にさせていただきました。
Cpicon とろ〜り♪くずし豆腐&豚肉&きのこ煮込み by アトリエ沙羅

このレシピは動画付きなので更に簡単に作れます!

材料は豆腐、絹でも木綿でもOKで2丁となっていますが我が家には1丁しかなかったので1丁で、
豚小間切れ肉は250gとなってますが大体それくらいでしめじ1袋と九条ねぎ2本分位を使いました。

たれの材料はだし汁に顆粒出汁を使いましたがあまり濃くならないように
小さじ1/2位を200mlのぬるま湯に溶かして醤油、酒、三温糖、片栗粉はそのままの分量です。

作り方は動画を見るととってもわかりやすくて簡単です。
先ずたれの材料を合わせて混ぜます。

豆腐は1丁を適当に割ってざるに入れて15分以上水切りしておきます。

豚小間切れ肉は食べやすい大きさにカット、九条ねぎは斜め切り、しめじはほぐします。

フライパンにサラダ油を熱して豚肉を色が変わるまで炒めたらきのこ、九条ねぎも入れて炒めます。

しんなりしてきたら水切りした豆腐を適当な大きさにちぎりながら入れます。

フライ返し等で豆腐が崩れないように返しながら火を通します。

豆腐に火が通ったらたれの材料を回し入れてフライパンを揺すりながら煮立てます。

ぐつぐつしてとろみが付いたら完成です。

器に盛り付けてコストコの京風七味を振りかけて熱々を召し上がれ〜

たれの材料を合わせている時は少し濃くないか?と思いましたが
だし汁の顆粒出汁を少なめにしたせいか?わりと薄味でちょうどいい仕上がりで
豆腐、豚肉、きのこ、九条ねぎが全部この味に合ってとっても美味しいです!

材料だけ準備しておくとすぐにちゃちゃっと簡単に出来上がりますが
熱々で食べるために食べる直前に作るのが美味しく出来るコツです。

今回は豆腐1丁で作りましたがそれでも量がわりと多かったので少し残しておいて
翌朝、夫が温めたものをまた食べたいというので取り分けましたがそれでも十分の量でした。

豆腐2丁で作ると更に嵩増しになるので食べ盛りのお子様がいるご家庭でも十分だと思います。

材料がヘルシーで炒め物よりもほっこりやさしい味付けなので我が家の定番になるのは間違いなし、
寒い冬に向かって簡単に作れてとっても温まるのでぜひお試しあれ〜


ご訪問ありがとうございました。また遊びに来てくださいね♪
ブログランキングならblogram
posted by アナ at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | コストコ、豚小間切れ肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック