2016年07月29日

暑い日は魚焼きグリルで簡単に!コストコのさくらどりもも肉でオイ味噌マヨグリル焼き




昨日、かなりの雨が降ったのでもうそんなに降らないだろうと勝手に思っていたら
今日の朝まで大雨で湿度が高くて札幌なのに蒸し暑くて戸惑います・・・

でもやはり札幌ですから雨が止んで窓を開けたら風が入って涼しくなって助かった〜
昨夜、慌てて2階から運んだタワー扇も今日は全く必要が無くなり、つまりそんなに暑くないのかな?

それでもムシムシする日はガス等の火を長く使う料理はしたくないし、食欲も落ちているので
お昼はまたまたコストコの長崎島原手延そうめんにさんま味付缶とごま油のつゆでスルスルと〜

問題は夕食ですが、こんな日には合わせた調味料に浸けておいて、仕上げは魚焼きグリルで焼くだけ〜
の料理が楽ですし、油を使わないのでヘルシー!それで美味しければ文句無し、な

コストコのさくらどりもも肉オイ味噌マヨグリル焼き、皮がパリッとめちゃ美味です!
オイ味噌マヨグリル焼き



2年前の夏くらいから暑くて疲れて夫の帰宅が遅い時は簡単でヘルシーな魚焼きグリル料理が
便利なのでハマって色々ご紹介しましたが、あまりにも作り過ぎて少し飽きていました。。。

でもやっぱり暑くなると便利で楽だし美味しいので今までとちょっと違うレシピは無いかな?
と探してみたら美味しそうな調味料を使うレシピ発見!

今回はとりももグリルで人気のレシピエールさんのレシピを参考にさせていただきました。
Cpicon 鶏もも肉や手羽が旨!オイ味噌マヨグリル by putimiko

魚焼きグリル料理ですから簡単ですが浸け込む時間がちょい必要です。

材料は今回はコストコのさくらどりもも肉1枚(300g位)にあとは浸け込む時に使う
調味料だけです。

作り方はすっごく簡単です!

鶏もも肉は厚みが気になる箇所だけ包丁を入れてから皮側をフォークで刺して黒コショウ少々すり込みます。

ポリ袋等にマヨネーズ大さじ1.5、信州産無添加円熟こうじみそ大さじ1/2、オイスターソース小さじ1、
酒小さじ1、ユウキ顆粒ガラスープ小さじ1/3、にんにくすりおろし1かけ位を入れて揉みこんでよく混ぜます。

そこに鶏もも肉を入れて両面に調味料が行きわたるように揉んでから空気を抜いて
できれば2時間以上、冷蔵庫に置きます。その方が味が染みわたって美味です。

それを我が家の両面の電気魚焼きグリルなら11分位焼くとこんがりと完成です。
焼き時間はそれぞれのご家庭の魚焼きグリルで調整してみてください。

オイスターソース、味噌、マヨネーズ、を合わせて浸けてから焼くので少し焦げますが
それくらい焼いた方が皮がパリパリで中身はジューシーでとっても美味しいです!

これらの調味料に浸けこんでおくことでコクや旨味、風味が出てジューシーさが増します。

その日や前日からでも浸け込んでさえおけばあとは焼くだけで大人ならビールに合いますし、
お子さまも好きな味付けでご飯が進むので暑い夏にぴったり!お試しあれ〜


ご訪問ありがとうございました。また遊びに来てくださいね♪
ブログランキングならblogram
posted by アナ at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | コストコ、さくらどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック