2016年11月11日

コストコのさくらどりむね肉活用法、ペット編




我が家では鶏肉はコストコでしか購入しませんが、
どちらかというと、もも肉の方がジューシーで美味しいですし、
レシピも豊富で使い勝手がいいので少し高めでも、もも肉を買っています。

そこで最近、あることがあって気が付いて調べてみたら、
我が家はコストコでもう2年近くさくらどりむね肉を購入していないことが判明!

その理由を考えてみたら、
我が家の黒い愛犬が2年8ヶ月前に天国へ旅立ってしまったからなんです・・・

2014年はまだたまに購入していた、さくらどりむね肉です。
さくらどりむね肉



黒い愛犬が居なくなったのでむね肉の消費が減って、使い切れなくなったのは・・・


我が家の黒い愛犬はフラットコーテッドレトリバーという犬種の♀で、
大型犬になりますが我が家の愛犬は小さめで獣医さんが骨格から判断して、
22kg以上になると関節に負担がかかるからそれ以上増えないように注意していました。

幼少時だけは栄養バランスの関係でパピィ用フードを食べさせていましたが
その頃の犬用のフードは輸入品等が多くて酸化しやすいので、
2〜3歳頃からの食事はフードをかなり減らして白米、じゃがいもの他に家にある野菜中心にしました。

犬の食事は朝と晩の1日2回で時間は朝が8時なら夜も8時の12時間の間隔がよくて、
散歩から帰ってすぐに晩ごはんを与えてしまうと早朝にお腹が空いて
胃液を吐いたりすることもあるんです。

それでも昼間は室内で動いたり、遊んだりして散歩以外の運動もするので
犬はいつもお腹が空いている状態ですから、お昼くらいにはおやつを与えます。

我が家ではそのおやつはやはり犬用ジャーキーは脂分が多くて酸化するので
自分でおやつを作って与えていました。

それがコストコのさくらどりむね肉を茹でて冷ましてから
少しずつ与えるように、食べやすく割いたものでした。

と、ここで画像をアップしたかったのにいくら探しても見つからず・・・

作り方は
お湯を沸かした中にさくらどりむね肉のひとかたまりをそのまま入れて
確か、20分位茹でたと思います。茹で始めると匂いで自分のおやつだわ!と
犬がソワソワし始めて、ずーっとキッチン横で待機していました。

その茹で上がったさくらどりむね肉をお皿等の上に置いて冷まします。

まだ生暖かいくらいになったらそれを割いて分ける作業を始めると
犬は勝手にシット(おすわり)して待っているので少し与えると大変満足しますよ〜

一度茹でると数日分のおやつになるので、それをポリ袋に分けて冷凍しておいて、
散歩に行く前に解凍してから持参してお友達のわんこにもあげるとかなり喜んで、
それからは私に会うとおやつをねだったり、シットして待つわんこもいました。(笑)

そしてむね肉なら安いし、添加物も入ってないし酸化もしないからと、
お友達わんこの飼い主さんもむね肉おやつに変えていました。

コストコのさくらどりむね肉は量が多いので犬用おやつのためだけに
買っていたわけではなく、よく人間用チキンナゲットを作ったりしましたが
それでも我が家は黒い愛犬のためにさくらどりむね肉を購入していたかな?

もしもわんこが居るお宅ならヘルシーなむね肉を茹でるだけで
ペット用ジャーキーよりも安くて犬にやさしいおやつを作れます。

おやつだけでなく、犬の食事に混ぜるのもいいと思います。
茹でたさくらどりむね肉は犬はかなり喜びますよ〜


ご訪問ありがとうございました。また遊びに来てくださいね♪
ブログランキングならblogram
posted by アナ at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | コストコ、さくらどり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック