2017年11月03日

コストコのシュラスコソーセージはとっても粗挽きでジューシーです。




10月21日に札幌倉庫店で試食してみて美味しかった

シュラスコソーセージを購入したのでご紹介します。


我が家のウインナーやソーセージは必ずコストコで買っています。

それはコストコのウインナー類がどこのスーパーよりも1番安いからです!

そして安いのが顕著な代表的なウインナーでよくコストコで購入するのが

伊藤ハムグランドアルトバイエルンか日本ハムシャウエッセンのどちらかが、

通常でも安いですがクーポンで更に安くなった時によし、きた!と購入します。


いつも日本製ウインナーを買うことが多い我が家ですが、先日試食したら美味しくて

夫がたまには高めでも美味しいソーセージも食べたい!ということで購入したのが

シュラスコソーセージ6本×2パック1138円
2017_10_21に買ったもの2


日本製ウインナー以外のコストコのウインナーやソーセージもクオリティーは高くて

決して他より安かろう、悪かろう、のような商品はありません。


コストコのソーセージの中でも人気のジョンソンヴィルソーセージは

某スーパーでもよく試食が出ていますがコストコの半量、つまり1パックだけで700円近い値段です。

そして某スーパーで試食に出ているジョンソンヴィルは必ず脂っこいんです・・・

焼き方が違うのかな?と思ったですがコストコのジョンソンヴィルの試食も

結構脂っこくて、アメリカで1番人気があるような濃い味付けが特徴で

もう完全におじさん、おばさん化してしまっている私達夫婦には合わなくなっているんです・・・


なので、ジョンソンヴィルがお買得価格になっているのを見ると安いし食べたいかも!と

思うのですが、脂っこいのと濃い味を思い出して見送ることが多い今日この頃。。。


ところが先日、そのジョンソンヴィルの売り場の横で試食に出ていたのが

シュラスコソーセージ、という名前のソーセージで

試食スタッフさん曰く、普通の粗挽きより更に粗挽きだけどジューシーだから

ぜひ焼き立てを食べていってください!と焼き立てを食べたら美味しい!

シュラスコソーセージ3


シュラスコといえばブラジルの代表的な料理ですが、食べたことがない我が家、

ソーセージもブラジル?と思ったら製造、販売ともに日本でした。

これはこれで何となく安心して食べれる感じ。

シュラスコソーセージ4


調理方法は、炒める場合、フライパンに油をひかず、火加減に注意して約6分炒めてください。

となっているので、炒めてみました。
シュラスコソーセージ1


これは最初に夫が弱火で6分位炒めたのでそれ程焦げ目が付いてませんが

その後、2本ずつ2回私がコロコロ転がしながら炒めてみたら

中火くらいでもう少し焦げ目を付けると皮がパリっとします。

ただ、音がするくらい皮がパリっとしたソーセージとは違うタイプですので音はしません。

シュラスコソーセージ2


焼き立てを割ってみると、中がジューシー、それに粗挽きより更に粗挽きと言われたとおり、

かなり粗挽きですので、その間から肉汁が出てジューシーなのかな?

歯応えがちょうどよくてジューシーで本当にソーセージ感があって

ジョンソンヴィルに比べたら脂っこくなくて味付けも程よい塩加減で本当に美味しいです!


マイユ種入りマスタードとぴったり合います!ビールにもぴったり!


ボイルしても美味しそうですので、寒くなってきた今の時期はポトフに合いそう!

今年は北海道のじゃがいも男爵が豊作で美味しいですから北海道産人参、玉ねぎや

キャベツと一緒に、明日から寒くなるこの連休中に作ろうかと思っています。楽しみ!

いつも応援、ありがとうございます!
ブログランキングならblogram
posted by アナ at 19:30 | Comment(0) | コストコ、ハムソーセージ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。